FC2ブログ
03.17
Wed
晴れて朝から暖かい。
自転車で買いものに行く。
気持ちよくペダルをこぐ。
途中帽子が飛びそうになって、手で押さえたり、うつむき加減になったりして、気にしながら走る。
この暖かさにもっと身も心も軽くなって走りたいのに、そうできなかったから、帰ったら帽子が飛ばない工夫を考えようと思う。
幼稚園の黄色い送迎バスが止まっていて、脇に立った5,6人の親御さんが、バスに向かって一生懸命手を振っている。
私からバスの中は見えないけれど、きっと子供たちは窓に張りつくようにして手を振っていて、親はそれに答えているのだと思う。
これから子供たちは幼稚園で過ごして、親たちは仕事や家事やいろいろな用事をして、お迎えのときにはまた子供たちは親の顔を見て喜び、駆けていくのだろう。
そんなようすを想像して、子供たちは毎日なんて劇的な別れと出会いを繰り返しているのだろう、と思う。
そんなことを考えながら、自転車をこぐ。



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top