--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.18
Fri
この夏、私はおばさんになった。
周りはとつぜん私自身がいっきに歳をとってしまったみたいに「もうおばさんかー」なんて、冷やかすような口調で言うけれど、なんてことはない、姉に子供が産まれたということ。



大阪からの帰り、ふと思い立って滋賀に寄ることにした。今回は姪っ子に会うことだけを目的にしていたはずなのに、急にこのまま一直線に盛岡に帰ってしまうのがもったいなく思えてきた。夏なんだから。



観光案内所の親切なおばさんによると、長浜のまちは数時間もあれば見てまわれるということだった。
久々に目がくらむような夏の陽を浴びて、汗ぐっしょりになりながら歩いて回った。
琵琶湖の水はまるで湖の底にもうひとつ太陽があるみたいに白くて眩しい。
観光の外国人たちは、タンクトップ姿で真っ白い肌をさらしていて、だけどサングラスだけはしっかりかけている。
お城の上から見ると、琵琶湖と公園とホテルがちょっとしたリゾート地っぽいかんじになっていた。


お店が集まったエリアを抜けた奥に大通寺という立派なお寺があって、私はそこが気に入った。
家の近くにこんなお寺があったら夏休みには本とペットボトルをかばんに入れて、自転車を走らせ毎日でも通ったかもしれない。
昭和の色濃いそば屋でよもぎうどんを食べて駅に戻り、どうせなら隣の県で宿をとろうと電車に乗った。
中心に違いないと思って降りた駅は、
ただ新幹線が止まるだけの、
何もないところだった。



20150724_131037.jpg




20150724_130341.jpg



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。