FC2ブログ
01.11
Wed


煙がでるほど、それはそれは熱い、黒い鉄のフライパンの上で、キレイな花が踊ってる。
踊っているのか、跳ねているのか、揺れているのか。私はその花をじっと見つめている。
そうしていると、花の熱が私にのりうつって、私はどんどんいたたまれない気持ちになる。
その気持ちが、こんどは急に石みたいに重くなって、私は自分の体ごと潰れそうになる。
場面が変わって、
私は実家のトイレに座っている。
突然、もの凄い音とともにトイレのドアが突き破られて、鬼の形相をした犬が突進してくる。
あまりの怖さに私は泣き叫ぶことで一本の糸にしがみつく。
犬はそのまま窓ガラスも突き抜けて、月に向かって走ってゆく。月は遠いから。ずっと、ずっと。



blog写真




家についたら荷物の中から洗濯物とか、歯ブラシとか、すぐに必要なものだけ取り出してあとはトランクごと隅によせて、駅で買ったお弁当を食べてすぐ布団に入った。
夢は小さい頃から熱を出したときによく見てたやつ。
一日中布団にはりついて、とにかく眠ったらどうにか元に戻りました。


今日からお店もはじまりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。




comment 0
back-to-top