FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.30
Mon

あたたかい春の到来をまだずうっと遠くに夢見ていた先月のこと。

000060280003_300.jpg


真っ白い山に見送られ陸の端っこに出ると、海岸線。降り出す雨。灰色の町。かたくなな景色。最果て。


000060280011_300.jpg


滲みでる侘しさが、そのうちに、頭の中にまで浸食して、気づいたら座席に埋もれるようにして眠っていた。
覚めると斜め前に髭面の知らないおじさんが両方の足をてんでばらばらに放り出して眠っていた。


000060280002_300.jpg

見覚えあるぞ…


スポンサーサイト
comment 0
03.23
Mon
obento_gohan_600.jpg


おべんと御飯(煎り卵ともみ海苔の混ぜ御飯)か、猫御飯(おかかと海苔を御飯の間に敷いたもの)であれば、私は嬉しい。

それまでゆっくりと上下し続けていた私の目玉は、この一文でピタリと止まり、
銀色のお弁当箱の蓋を開けたときの、散りばめられた黄色、ふわりと鼻をかすめる海苔の香り、
いたってシンプルなんだけどなんとも言えないおいしさがあるそのお弁当をどうしても食べたくなった。

本を置いて、自転車を走らせたお店の、前にいちど見かけて、欲しいと思っていたお弁当箱は、
よく見てみるとつなぎ目だらけの小物入れの缶からだった。



comment 0
03.16
Mon
01230005_rgb.jpg





白鳥の声が聞こえて、ゆめうつつの、顔までかぶった毛布のぬくもりの中で目を覚ました。

後日、ラジオで「今朝は白鳥の鳴き声で起きましたー」という投稿を耳にしたので、この辺りではこの時期の日常なんだ、と思う。
だけど、私は、白鳥に起こされるなんて、なんだか、嘘みたいで、お伽の中の主人公を思ってしまう。



comment 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。