fc2ブログ
03.09
Wed

8月の午後。
全身に汗をかきながら歩いている。
下り坂で、人ひとり分ほどの幅の道が、海の方まで、ずっと細く続いている。
下からぐにゃっと腰の曲がったお婆さんが歩いてくる。
お婆さんは小さくて、赤っぽいピンクの花のような姿をしている。
陽射しの中、すこしずつ歩くお婆さんに道を譲るつもりで、立ち止まって見ていると、
あるところで、ピンク色の姿と、後ろに見える海の青とが、綺麗な重なりになって、
あっ!と思う。



FH010024.jpg


出かけた先を歩いていると、
そんな瞬間がいつもより強く迫ってくる気がします。

3月末から4月はじめにかけて
出張、出店でうろうろします。


3/27 鳥取春のパン神社(鳥取)
焼き菓子、パン、ポストカードなど持っていきます

4/3 整体と暮らしのギャラリーnara(大阪)
naraさん2階でごはん、ケーキ、飲み物など

4/9・10 尾道手しごと市(広島)
カレーで出店します


※3月4週目から4月2週目までお店はお休みです。

どうぞよろしくお願いします。


comment 0
01.14
Thu
中川ワニ・中川京子著
「とにかく、おいしい珈琲が飲みたい」(主婦と生活社)出版記念


1/30(sat)
一日ワニ喫茶

11:30~18:00頃


1/31(sun)
中川ワニ珈琲教室

13:00~(定員あり)※要予約・珈琲豆のおみやげ100g付き3200円



(どんなちらしができるかな)

wani2016-1.jpg



ワニさんが淹れる珈琲はしっかり濃いのに甘い。
嫌じゃないいろんな良い味がする。
その味にハっとして、そこを目指す気持ちでみんなで珈琲を淹れて飲み合う。
するともういろんな味が出てきて、同じ豆を使っているのに、ひとりひとりの全く違う味に、またハっとする。
何回か実践で珈琲を淹れている間にも、ワニさんは、独特の哲学をまじえた漫談や、現代ジャズの話なんかをしてくれて、その話がまたおもしろい。
そうこうしている間に時間はあっという間に過ぎてしまうのだけれど、話の中にも珈琲にもでてくる味が、自分で珈琲を淹れるときの道筋みたいなのを見つける手掛かりになるような、そんな気がする。




喫茶、教室に関するお問い合わせ、ご予約は喫茶室企図企図
quitoquito.n39@gmail.com
までよろしくお願いいたします。




comment 0
12.02
Wed

意気込んだり、心配したりして、頭の中で先にしっかりこしらえてしまうと、頭の空間はやっぱり狭苦しいんだろう、お皿の上でも何だかオシイかんじになってしまったりする。
真面目に頑張ろうとする気持ちが裏目に出たり、案外チャチャっと作ったものが、ものすごくおいしかったり。

この出張は、「kitchen。」という本のイラスト原画が四万十の友人夫婦のお店で展示されていて、そこへ私が行って1日喫茶をするという企画。
だから本当なら、本の中に出てくる料理を食べられるのがイベントの企画としてはイイのかもしれないけれど、メニューは決めずに行くことにして、使えそうな乾物やスパイスをかさばらないように小分けにしてバックパックに詰めた。

初冬の緑をたくわえた山の谷の隙間を奥へ奥へ、そのうちに人工物は先へとつづく道とトンネルだけで、圧倒的な自然に囲まれる。四万十川を眺めにさらに進んでいくと、ようやくこじんまりした町並みが見えてきて、友人のお店がある十和(とおわ)のまちに出た。

友人が畑から野菜を採ってきてくれたから、それでマフィンを焼いて、おかずを作って。ふたりにいっぱい手伝ってもらって、それが合わさってできていくのがとても楽しく、「kitchen。」にぴったりの1日だけのごはんができました。


カゴノオトごはん


四万十川



このたびの、それは静かにkitchen。より
坂西育美 原画展
2015/11/19~11/28
場所:カゴノオト(高知県高岡郡四万十町昭和650)

27日が1日喫茶室でした。
たくさんの方に来ていただけてとても楽しく嬉しかったです。
ありがとうございました。



comment 1
11.05
Thu

2015.11.21(土)

open 14:30 / start 15:00
チケット:予約2500円(1drink付)/当日2800円

ご予約はこちらにお願いします。
a.nakahara9026@gmail.com


oorutaichi.jpg


オオルタイチさんが喫茶室企図企図に!


いろんな音が、あっちこっち、思いがけないところから、キレイに、混じり合いながら、ピュンピュン飛び込んでくる。頭の中で反射したり、流れ星みたいにヒューッと通り過ぎたり、隕石の速さで、落ちて、ドカーンと揺るがす。波紋が広がる。たぶん、ライブに行くと、みんな同じ音に酔いしれながら、別々の世界を漂っているんだと思う。それぞれの頭の中にできたイメージの中を。


だけども、今回のツアーは、ギター1本の弾き語り。
どんななのだろう、と今からすごく楽しみにしています。


オオルタイチ弾語りの旅 with MONONONE空間 in 東北2015

【仙台】
2015.11.20(金)
store15nov

http://yapparinakatta.tumblr.com

【弘前】
2015.11.23(月祝)
ゆぱんき

http://yupanquiet.tumblr.com

詳細はそれぞれのページでご確認下さい。
お近くの会場にぜひ!!


【オオルタイチ】
1999年より活動を開始。
ソロ名義、ウリチパン郡、オバケジャー、オオルタイチ+ウタモなど様々なプロジェクトにて活動を展開。主軸となる電子音楽と並行して続けてきたオオルタイチの“うたもの”サイド。オリジナルからカバーまでギター1本弾き語りで唄う。
この秋の終わりに東北から歌の一人旅を始めてみたいと思います。
www.okimirecords.com


【DJ:MONONONE空間】
HORA AUDIO 青柳亮による ”音と空間” のライブミックス。
オリジナルスピーカーMONOを中心にいろいろな機材や物を使用し、
一期一会の音空間をつくりだします。
www.hora-audio.jp



comment 0
10.21
Wed


kito_karma_adf-01.jpg





新たな街に住み始めて間もないある日、駅のホームから見えた緑で覆われた不思議なお店。




maruyamaitaro-01.png



カルマは今の私の料理の、お店の、根っこにある。小さなちいさなお店。なのにお店も料理も人も何もかも、超自然体だから、どこまでもどこまでもふくらんでいきそうな不思議な空間。カルマには良いも悪いも全部ひっくるめた何かがある。もちろんお金は払うけど、資本とか合理的とかそうゆうのからは少し浮いたところにある存在。それがとても有難い。中央線の発車メロディが流れるとカルマのキッチンに立っていた頃を思い出す。中野で35年続いたカルマはこれからも日本中を旅したり鳥取に降り立ったりするらしい。みんなで作るカルマ。十人十色。無国籍。ふむふむ。



というわけで、、みんなー!カルマが来るでー!!


2015.11.7 Saturday





comment 0
back-to-top